お家で本格イタリアン

よくあるレシピに一手間を加えて、手軽に出来る本格的味わいのイタリア料理を紹介します!

2013年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

本格ナポリタン〜マスカルポーネ風味

日本人が大好きなナポリタンです!
但し、ただケッチャップを入れて炒めるのではなく、トマト缶やマスカルポーネチーズを使って、
旨味やコクを出していきます。一工夫で、レストラン使用の味になりますよ〜

IMG_0329.jpg




材料(2人分)

タマネギ (小1ヶ)
パプリカ (小1ヶ)
マッシュルーム (数ヶ)
イタリアンパセリ (適量)
にんにく (2かけ)
ベーコン (50g)
パスタ
鷹の爪 (1本)
ローリエ (1枚)
トマト缶 (1缶)
トマトペースト (10g程度) なくてもいいですが、これでコク味が増します。
ケチャップ (大さじ2杯)
マスカルポーネチーズ (大さじ2杯)
野菜ブイヨン (適量) なくてもいいですが、これも隠し味、コクがでますよ。
塩、こしょう
バター
オリーブオイル

IMG_0318.jpg




先ず、パプリカ、マッシュルーム、にんにく、ベーコンをカットします。
たまねぎは薄いスライスにして、水にさらしておきます(辛みがとれます)。
こんな感じです。
IMG_0319.jpg


トマトは裏ごしをします。これで口当たりが滑らかになります。
【前】
IMG_0320.jpg

【後】
IMG_0321.jpg


さて、にんにくと鷹の爪をオリーブオイルとバターで弱火で炒め、にんにくに色をつけます。
IMG_0322.jpg


その後、タマネギをいれてしんなりするまで炒めます。
IMG_0323.jpg


ベーコン、パプリカ、マッシュルームを入れて更に炒めます。
IMG_0324.jpg


全体的にしんなりしたら、裏ごししたトマト缶、トマトペースト、トマトケチャップ、ローリエ、
野菜ブイヨンを加え、とろとろになるまで煮詰めます。
(途中で味をみて、塩で味を調整)
【前】
IMG_0326.jpg

【後】
IMG_0325.jpg


味が整ったら、マスカルポーネチーズを加えます。
IMG_0327.jpg


最後に、茹で上がったパスタ(アルデンテで)を加え、オリーブオイルを加えてグルグルまわします。
(乳化です!!)
IMG_0328.jpg


お皿に盛って、イタリアンパセリを飾って出来上がり!!
IMG_0329.jpg


スポンサーサイト

| パスタ(トマト系) | 19:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

空豆とアスパラ、インゲンのパスタ、バーニャカウダソース

春先にぴったりの空豆、アスパラ、インゲンの入ったバーニャカウダソースのパスタです。
バーニャカウダソースにも空豆の風味が付いており、ヘルシーかつしっかりした味わいです!

IMG_0309.jpg




材料(2人分)

空豆 (100g程度)
アスパラ (中サイズ3本)
インゲン (5-6本)
空豆のバーニャカウダソース
パスタ
オリーブオイル
野菜ブイヨン (なくてもOK)
バター
塩、こしょう

IMG_0282.jpg




先ず、野菜の下準備をします。
アスパラは3等分、インゲンは2等分にします。
IMG_0292.jpg

空豆は、皮を剥いておきます。
IMG_0288.jpg

フライパンに野菜ブイヨンを50cc程度、バターを一かけ入れ熱します。
IMG_0306.jpg

パスタを茹でます。(記載の茹で時間の2分前でアルデンテ)
野菜は、パスタが仕上がる前にパスタパンに入れるのですが、
空豆は仕上がりの5分前、アスパラのもとの方は2分前、アスパラの穂先とインゲンは1分前が目安です。

茹で上がったら、フライパンに移します。茹で汁をお玉1程度いれてください。
IMG_0308.jpg

最後に、空豆のバーニャカウダソースを加えて、更にオリーブオイルをふりかけ乳化させます。
IMG_0307.jpg

たっぷり野菜のパスタの出来上がりです!!
IMG_0309.jpg

















| パスタ(オイル系) | 23:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

鶏もも肉のバルサミコ風味ピンクペッパー添え

今回は、手軽にできる濃厚バルサミコソースの鶏もも肉ソテーです。
バルサミコ酢は、煮詰めるとトロミがでるので濃厚な味の1品に仕上がります。

IMG_0305.jpg




材料 (1-2人分)

鶏もも肉 (1枚)
バルサミコ酢 (70-150cc) お好みで調節
オリーブオイル
白ワイン
塩、こしょう
小麦粉
乾燥ハーブ(下味用)
バジル (トッピング用) なくてもOK




先ず、鶏肉に下味をつけます。
鶏肉は、グリルの際、皮が縮まないように包丁で切れ目をいれます。
その後、塩、胡椒、乾燥ハーブを擦り込みしばらくおきます。
IMG_0293.jpg

今回使った乾燥ハーブはバジルです。
IMG_0310.jpg

さて、フライパンにオリーブオイルを熱し、鶏肉を皮側から入れ、焼き目をつけます。
切らずに入れてくださいね。焼き終わってから切ることで、中がジューシーに仕上がります。

こんな感じ。
IMG_0300.jpg

その後、白ワインを少量加え、アルコールを飛ばします。
IMG_0301.jpg

アルコールが飛んだらバルサミコ酢を加えます。
結構、どぼどぼ加えても大丈夫。煮詰めると酸味が飛びます。
その後、ふたをして7分間程度蒸し焼きにします。
(途中で中をみて、水分がなくなってきたら白ワインを加えてください。)
IMG_0303.jpg

焼き上がったら、まな板の上でカットします。
こんな感じ。
IMG_0304.jpg

お皿にもって、フライパンの中のソースをかけて、最後にピンクペッパーをかけて出来上がり!
IMG_0305.jpg












| メイン | 23:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

定番バーニャカウダソース(ノーマルと空豆入り)

さてさて、定番ソースのバーニャカウダです。
今回は、ノーマルタイプと空豆入りの2種類です。
ご存知、蒸し野菜のお供としてもOK、パスタの隠し味としても重宝します!
残ったソースは冷凍保存出来るので、必要なときにナイフで切り分けて使えます。

これがノーマル
IMG_0296.jpg

これが空豆入り
IMG_0299.jpg




材料 (10回前後は、ソース、パスタ用として使用出来る量です)

にんにく (200g) 中くらいの大きさのにんにくが3房程度
牛乳 (200cc)
アンチョビフィレ (100g) 市販の缶が2缶の量です
オリーブオイル (150cc)
空豆 (50g程度)

こんな感じです
IMG_0279.jpg




まず、にんにくの皮を剥きます。芽はきっちりとって、1かけを2-3等分にしましょう。
IMG_0280.jpg

その後、小さめの鍋にニンニクを入れて水をニンニクが浸るくらいに入れ、沸騰させ1分程度おきます。
IMG_0281.jpg

水をすてて、牛乳を入れ弱火でコトコト煮ます(強火だと焦げてしまいます)。
にんにくがトロトロになるまで煮込みます。
こんな感じ。
IMG_0284.jpg

そうしたら、アンチョビフィレをドバッと豪快に入れ、粉々に粉砕されるまで
木ベラで混ぜます。
IMG_0286.jpg

その後、オリーブオイルを入れて、10分程度加熱します。
IMG_0287.jpg

終わったら、粗熱をとり、2等分にします(片方は空豆用)

空豆は、皮を剥いて5分程度下ゆでしておきます。
IMG_0288.jpg

IMG_0289.jpg

さーて、ここから仕上げです。
フードプロセッサー(又はミキサー)に、加熱後のソースを入れて、
ノーマルはそのまま、空豆入りは茹でた空豆を加えて回します。
それぞれ、撹拌前後の写真です。

ノーマルタイプ
【前】
IMG_0294.jpg

【後】
IMG_0295.jpg

空豆入り
【前】
IMG_0297.jpg

【後】
IMG_0298.jpg

これで、完成です!!!
ディップソースとして、パスタの隠し味として活用してみ下さい!!!

IMG_0296.jpg

IMG_0299.jpg
































| ソース | 22:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カプレーゼ (No.1) コロコロタイプ

さてさて、定番のカプレーゼです。
これは、切り方と盛りつけだけですが今回は「コロコロタイプ」

アソート用のお皿に盛りつけるとこんな感じになります。

IMG_0278.jpg




材料は、そのまんまですが。。。

プチトマト (10-15ヶ)
モッツァレラチーズ(ミニ)
バジル (数枚)
塩、胡椒、オリーブオイル、バルサミコ酢

IMG_0276.jpg




好みのお皿に、トマトとモッツァレラチーズを並べます。
上から、オリーブオイル、バルサミコ酢、塩、胡椒をかけて
最後にバジルの葉を添えて完成です!!!

パーティー料理の前菜にぴったり。
トマトが赤、チーズが白なので、バジルの緑を入れるとイタリアンカラーになりますね。

IMG_0278.jpg








| 前菜 | 21:34 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

キャベツ、ベーコン、ブロッコリーとアンチョビの白ワインソテー

さて、今日は簡単で美味しい1品料理です。
キャベツベーコンブロッコリーとアンチョビの白ワインソテー」






材料 (1-2人分)

キャベツ (1/2個)
ベーコン (60g)
ブロッコリー (1/2本)
たかの爪 (1本)
にんにく (数かけ)
アンチョビフィレ (1-2枚) - ペーストでもOK
白ワイン、塩、こしょう

こんな感じです。。。

IMG_0261.jpg




まず、にんにくをスライスし、ベーコンは太めの格子切りにします。
アンチョビフィレは大きめのみじん切りでOK(あとで溶けてしまいます)。

ベーコンはこんな感じ。。。


キャベツは大きめのざく切りで。


ブロッコリーは、1分間くらい下茹でしておきます。


次に、にんにく、たかの爪を弱火で炒めます。


にんにくが色付いてきたら、ベーコンとアンチョビフィレを加えます。


アンチョビフィレが溶けて全体的になじんだら、キャベツを加えます。
ここで、白ワインを加えてキャベツがしんなりするまで炒めます。


最後にブロッコリーを加え、塩、こしょうで味を整えて終了です!
(アンチョビフィレの塩味が強いので、塩は加えなくても良いかも。。。)

白ワインとも合いますし、このままパスタに絡めてオリーブオイルをかけてもOK!













| もう1品 | 19:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。